■ イチョウの木

 永保寺庫裡の玄関前にある大木で、樹高25.3m 目通4.33m 枝張20.5mにもなり、 開山仏徳禅師お手植えの木として保護されてきました。 この言い伝えが正しければ樹齢約670年になります。
雄木ですが、老木のため雌木の特徴とされる乳柱が随所に下がっています。 幾度と無く発生した直近の庫裡火災にもかかわらず、樹勢は盛んです。