■ 虎渓山自然林

 虎渓山東部の北川一帯で、土岐川沿いの400mが自然林として保存されています。
 急傾斜の岩場上に位置し、ヒノキ・カシ・マツ・スギ・ヤマアジサイ・ソヨゴ・ツツジ・ヒトツバ等 70余種の木や草が生い茂っています。  険しい崖が人を近づけず、また北側に位置するため台風から守られて自然林として残ったものです。
 この崖には一時期庭園から修道院に続く遊歩道が設けられましたが、 落石等が頻発して危険なため現在は通行禁止となっています。  左の写真は永保寺庭園の楓樹林からの遠景で、自然林の下を流れる土岐川が大きく蛇行し、 古くから龍浮淵(りょうふえん)と呼ばれる場所です。