■ 観音堂

桁行三間 梁間三間 一重裳階付 入母屋造 桧皮葺で水月場とも観音閣とも呼びます。
 夢窓国師が虎渓に来られて1年、正和3年(1314年〉40歳の時に建立されもので、 禅宗の伽藍の中では一番大切な仏殿すなわち本殿のことです。
 明治34年3月国宝に指定され、さらに文化財保護法によって昭和27年改めて国宝に再指定されています。その主な理由は
  1. この様式の建物では、鎌倉円覚寺の舎利殿についで鎌倉末期の唐様建築のすぐれた代表的遺作である。
  2. 唐様建築の手法に、平安朝からひき続いた和様建築の手法を折衷させた特殊な建築であること。
  3. 建築の主要なところが比較的改修後補が少なく、当時の面影を完全に保っている。などがあげられます。
 桧皮茸の伸び伸びした軒ぞりをもった豊かな屋根、上屋と裳階の巧みな均斉に、 いかにもどっしりとした安定感を与える荘重な姿は、代表的な禅宗特有の建築スタイルということができます。
 唐様と和様の折衷様式といわれる如く、40年程後に建立された開山堂に比して和様の手法が多くとり入れられています。 すなわち
  1. 軒に垂木を用いず四隅に隅木が見えるだけで板張りであること。
  2. 枓栱(ときょう)が詰組でなく亜麻組であること。
  3. 円柱の上部には粽(ちまき)をつけ台輪をおくが下部には粽も礎盤もない。
  4. 床は坐式礼拝ができるよう拭板敷とし、裳階前面一間通りは吹き放しとなっている。
 正面観音開きの桟唐戸には上半に精巧な美しい花狭間の組子がはめこまれています。 また須弥壇の上の岩窟式厨子には県の重要文化財に指定されている聖観世音菩薩の坐像が本尊として納められています。

 ※ 観音堂内外の詳細写真はこちらです。