■ 国宝開山堂(僊壺堂)の詳細(構築中)
開山堂正面(東向き)の礼堂
通常一般の拝観でご覧いただくのはこの位置です。
北川側面
左から礼堂・相の間・祠堂です。
祠堂のみが裳階付の屋根となっていることが良く判ります。
南側側面
背面の祠堂(西向き)
礎石上の光付け(ひかりつけ)
礎石の凸凹した石の上に木材をぴったり取付ける加工技術のことを光付けと呼びます。
乱石組み基壇
柱の間にも組み物(斗栱)がある詰組
斗栱は詰組で、出三斗組になっています。
斗栱から伸びる尾垂木
放射状の扇垂木
礼堂と祠堂の間の複雑な屋根
相の間軒裏
祠堂の扇垂木 下の屋根は裳階(もこし)
祠堂の光り付け
祠堂の軒裏垂木
祠堂の石組基壇
祠堂の裳階
祠堂後面
祠堂の扇垂木と斗栱
祠堂の裳階軒裏
正面図
側面図
後面図
床面図
縦断面図
横断面図